エコキュート設置工事の流れ | 群馬のエコキュート交換なら【群馬エコキュート交換マイスター】群馬のエコキュート交換なら【群馬エコキュート交換マイスター】

エコキュート設置工事の流れ

1.工事前の説明

工事に入る前に、工事の一連の流れをご説明いたします。
事前にお客様と「どのような工事なるか」「設置場所はどこか」など打ち合わせておりますので、その確認も含め、できるだけ分かりやすく説明いたします。ご不明点がございましたら些細なことでも結構ですのでお気軽にご質問ください。

2.基礎工事

既設の土台があれば不要ですが、ない場合はエコキュートのタンク(貯湯ユニット)を据える基礎コンクリートを作ります。容量370リットルのエコキュートでも貯水時は400kgを超える重量になりますので、しっかりとした土台が必要になります。
設置スペースを整地してから、砕石を敷いて十分に固め、型枠を組んで鉄筋を入れ、生コンを流し込んで表面をならし、十分に乾燥させた後に型枠を外します。

3.養生・旧給湯器の撤去

エコキュート設置場所のまわりが汚れたり傷つかないように養生します。
古い給湯器のタンクの中のお湯を抜き、給水管・給湯管・配線を取り外して、既設の給湯器を撤去します。

4.専用回路増設

建物内にある分電盤にエコキュート用のブレーカーを増設します。
場合によっては分電盤の交換、外部ブレーカーボックス設置を行います。

5.配線・リモコン線・アース線の引き込み

分電盤から機器までの間に目立たないように屋根裏や壁の中に配線を通します。
メーターからの一時側幹線や電柱からの引き込み幹線の交換が必要になる場合もあります。

6.給水・給湯・追い焚き配管の引き込み

エコキュートを設置する位置まで配管を引き込みます。
冬場の凍結防止のために保温剤を巻きます。
配管は固定し、壁から配管を引き出した部分は、水や虫などが入らないようにフタをします。

7.エコキュート設置

貯湯ユニット・ヒートポンプユニットを所定の位置に搬入・設置します。
設置後は貯湯ユニットを基礎にボルトで固定し、ヒートポンプはプラスチック台を付けて床に置きます。
配管類を接続し、貯湯ユニット・ヒートポンプユニット間の渡り配管を取り付け、電源とアース、リモコン線を接続します。

8.脚部化粧カバー取り付け

水漏れがないか、配線接続の締め付け具合も再確認し、脚部化粧カバーを取り付けます。

9.風呂リモコン・台所リモコンの設置

既設の給湯器・湯沸かし器のリモコンを取り外して、エコキュート用の新しいリモコンを取り付けます。

10.試運転・取り扱い説明

電気回路の状況を確認して電源を入れます。
その後はマニュアルに従って、30程度の試運転を行います。

11.エコキュート工事完了!

これにていつでも温かいお湯が快適に使えるようになります。
最後に、現場の清掃を行い、古い給湯器や廃材は撤去・回収し、ご依頼主様へごあいさついたしまして撤収します。

※環境によっては記載のとおりにはいかない工事もございますので概ねの目安としてご参考ください。

もちろん工事完了後でも何かお困りのことがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください。

無料お見積り・お問い合わせ

 

群馬のエコキュート
  交換工事エリア

【群馬県】高崎市前橋市太田市伊勢崎市桐生市渋川市館林市藤岡市安中市みどり市富岡市沼田市・邑楽郡・大泉町・邑楽町・板倉町・千代田町・明和町・吾妻郡・中之条町・東吾妻町・嬬恋村・草津町・長野原町・高山村・佐波郡・玉村町・北群馬郡・吉岡町・榛東村・利根郡・みなかみ町・昭和村・片品村・川場村・甘楽郡・甘楽町・下仁田町・南牧村・多野郡・上野村・神流町