エコキュートの選び方 | 群馬のエコキュート交換なら【群馬エコキュート交換マイスター】群馬のエコキュート交換なら【群馬エコキュート交換マイスター】

エコキュートの選び方

給湯スタイルから選ぶ(フルオート・オート・給湯専用)

エコキュートを選ぶ重要なポイントのひとつとして「給湯スタイル」から選ぶことが挙げられます。
エコキュートには大きく分けて「フルオート」「オート」「給湯専用」といった3つの給湯スタイルがあります。
これらのスタイル(性能・機能)の違いを理解して、どの性能・機能が今後のご家族に必要なのか、どのスタイルがご自宅の使い方に適しているかを選んでください。

フルオートタイプ


リモコンワンタッチで、「湯はり開始」「湯はりストップ」「保温」「たし湯」まで自動で運転します。
お好みの湯温と湯量を自動キープし、設定時間後にお湯が冷めたら、ワンタッチで追いだきもさし湯もできる、いたれりつくせりの便利さがあります。

オートタイプ


エコノミーで楽しめるオートは、お湯はりおまかせタイプ。
リモコンワンタッチで、「湯はり開始」「湯はりストップ」をします。お湯がぬるくなったら<あつくボタン>を押すと高温さし湯が約2℃湯温を上げます。ワンタッチでたし湯もできます。

給湯専用タイプ


手動で給湯栓を開いて「湯はり開始」、手動で給湯栓を閉じて「湯はりストップ」をします。蛇口からお湯はりするタイプでリーズナブルに。
エコキュートの省エネ運転に加え、マイコンによる通電開始時間制御でしっかり経済的です。

タンク容量から選ぶ(370L・460L・550L)

エコキュートを選ぶ重要なポイントのひとつとして「タンク容量」から選ぶことが挙げられます。
よく選ばれている容量として「370リットル」「460リットル」「550リットル」の3つの容量があります。

タンク容量を選ぶ際、ついつい現在の家族構成だけを考慮してしますと、容量が足りなかった・・・と、失敗してしまう可能性があります。
例えば・・・
「これからまだ家族が増える可能性がある」
「これからこどもが大きく成長していく時期である」
「お盆やお正月などに子供たちが孫を連れて帰省してくる」
「こどもたちが家を離れていくから人数は減っていく」
などといったケースです。
そうならないためにも、上記のご家族の人数とお湯のご使用量を目安に、ある程度、先を見越してゆとりのある容量を選ばれることをオススメいたします。

設置場所とタンク形状から選ぶ

エコキュートを選ぶ重要なポイントのひとつとして「設置場所とタンク形状」から選ぶことが挙げられます。
電気温水器同様、エコキュートはタンクで貯湯する設備のため、ガス給湯器と比べて機器のサイズが大きくなりますので、設置するに相応のスペースが必要となります。

屋外設置/屋内設置から選ぶ

お家の広さには限りがありますので、特に一軒家では一般的に屋外に設置されている方がほとんどです。屋内であれば超強風が吹いたとしても屋外よりエコキュートが倒れる心配は少ないですが、そもそもエコキュート自体に重量がありますので、そのような心配はいらない、といったところでしょう。

角型/薄型/スリム型から選ぶ

メーカーや製品によって、奥行が足りなければ薄型、マンションタイプであればスリム型など、設置スペースに合わせて角型・薄型・スリム型から選ぶことができます。基本的にエコキュート本体とは、貯湯ユニット・ヒートポンプユニットの2つセットを指します。それぞれの寸法を事前に確認しておきましょう。
また、工事店の方がエコキュートを搬入できる通路が確保できるかも大事ですのでチェックをお忘れなく。

無料お見積り・お問い合わせ

 

群馬のエコキュート
  交換工事エリア

【群馬県】高崎市前橋市太田市伊勢崎市桐生市渋川市館林市藤岡市安中市みどり市富岡市沼田市・邑楽郡・大泉町・邑楽町・板倉町・千代田町・明和町・吾妻郡・中之条町・東吾妻町・嬬恋村・草津町・長野原町・高山村・佐波郡・玉村町・北群馬郡・吉岡町・榛東村・利根郡・みなかみ町・昭和村・片品村・川場村・甘楽郡・甘楽町・下仁田町・南牧村・多野郡・上野村・神流町